研究する

転勤という特殊な
“文化・環境”から起こる
現象や問題を研究する

転勤は日本独特の文化です。企業が従業員に転勤を命ずる限りあり続けます。

私たちは転勤が問題だということを言いたいのではなく、転勤によって家族に起こる事象を明確にし、様々な問題の解決とサポートを提案していきたいと考えています。

転勤は転機にもなります。

日本だけに限らず、世界中の国や地域に携わることで、知らなかった文化に触れ多くの人々の生活を垣間見ることができます。それは自分の人生を豊かにすることでもあると思います。

転勤経験者だからこそわかる、転勤族の気持ちや知識、知恵や技術を研究し共有することで、転勤族がどこへいっても住みやすく、生活しやすい環境を作ることを目指します。

取り組み 1

転勤白書

2018年、株式会社デンソープロボノプログラムに参加。翌3月に助成事業に採択され、転勤妻・ママを対象とした大規模なアンケート調査を実施しました。転勤によって起こる事象や問題をレポートにまとめ、社会との関わりを取り戻す糸口を見つけることができました。

今後も定期的にアンケート調査を実施し、白書としてまとめていく予定です。

2018.6
株式会社デンソープロボノプログラム2018年度に参加。2019.3助成事業に採択。
転勤族にアンケート調査し、約100名の回答を得た。

取り組み 2

転勤手帖

「転勤の手引き」などをまとめたガイドブックを制作予定。はじめて転勤する人を対象にしたものや企業向けも構想中。

  • 新しい土地へ引越し!親子でうまく人間関係を築くヒント
  • 収納を克服しよう!今日から始める転勤族の収納術
  • 転勤時の引っ越しに役立つ!紐の結び方

取り組み 3

TENKIN+

転勤族や過去に転勤を経験した人たちが、オンライン上で「転勤と何か」をテーマに意見を交換したり、議論できる場。